買取業者の魅力は?不動産買取業者の正しい選び方や利用した方が良いケースを紹介!

当サイトは買取業者の魅力について解説しています。
不動産買取の業者の正しい選び方や、利用した方が良いケースもご紹介しているサイトです。
初めて利用することを検討しているのなら、ぜひ参考にしてみてください。
不動産を買い取ってもらいたい場合には、得意にしている物件の種別を調べて不動産の買取業者を選ぶのがおすすめです。
さらには目的に合うサービスを用意している不動産の買取業者を選ぶと納得の取引が出来る可能性があります。

買取業者の魅力は?不動産買取業者の正しい選び方や利用した方が良いケースを紹介!

不動産を売却する際には仲介ではなく不動産買取を利用しようかと考えている人もいるのではないでしょうか。
不動産買取の魅力は、仲介よりも早く物件を売れることが多いところにあります。
売却価格よりも早さを重視して、できるだけ早く不動産を売りたいというケースに向いている方法です。
不動産買取の業者を選ぶには、複数の候補を見つけてそれらを比較検討するのがおすすめです。
また実際に査定をしてもらい、対応が良く納得の価格を提示してくれる会社を選ぶようにします。

不動産買取りで物件を高値で売却するためのポイントは業者の選び方次第

不動産買取は、仲介業者を利用するときよりも60%~70%程度の金額で売却するケースが多いといわれています。
仮に、仲介業者を使えば3,000万円で売れる住宅も、不動産買取を使うと1,800万円~2,100万円程度になるわけです。
これはあくまでも相場で住宅の良し悪しなどにより価格が変動することもありますが、少しでも高く売りたいなど考える人は多いといえましょう。
この場合は、買取業者をしっかり吟味して選ぶことがポイントで、大きく分けて2つの方法で買取業者を選ぶことをおすすめします。
複数の買取業者に見積もりを依頼して買取価格を提示して貰うやり方です。
このとき、見積もりの依頼先を決めるときには売却物件がある場所を対応エリアにしていること、売り物件の特徴から強みを持つ会社を選ぶなどが挙げられます。
不動産の中には建築基準法に準拠していない接道義務を果たしていないものも存在していますが、これは再建築不可と呼ばれるもので不動産買取業者の中には再建築不可の物件の買取も可能にしている会社も存在します。

実績が豊富な不動産買取業者を見つけること

似ているように感じる不動産買取業者でも積み重ねている実績が全然異なるため、すぐに決めてしまうのはよくないです。
たくさんの実績を積んでいるところを選べば、スムーズに不動産買取を行う可能性が高まります。
高い金額で取引できたり、速やかにお金を入手できるなど様々な利点を実感できるチャンスです。
逆に買取の業績が著しく少ない業者の場合、何か問題が起きている恐れがあります。
低い額で取引を行われてしまったり、何時まで経っても手続きが完了しないなどのアクシデントに巻き込まれる可能性があるので気を付けないといけないです。
たくさんの人が利用しているということは、これまでに満足できる結果を出している業者の確率が高いです。
初めて検討している人も安心して依頼できたり、トラブルを回避しやすいなどの恩恵を得やすいです。
ホームページや資料などをチェックしていけば、どのくらいの業績を積んでいるのかある程度判断できるようになります。

不動産買取には買取方法として買取保証や即時買取の2種類がある

土地や住宅などの不動産を売却する場合、一般的には不動産仲介業者に依頼して買い手を広く探すという手法がとられます。
しかしこれ以外にも、不動産を売却する方法はあります。
その1つが、不動産買取サービスを利用するというものです。
不動産買取サービスでは、不動産会社が購入希望者を探すのではなく、自ら買い手となって物件所有者から住宅等を購入します。
このサービスは、買取方法の違いによってさらに買取保証と即時買取という2種類に分けることができます。
このうち前者は、最初に物件所有者から売却の申し出があった時は仲介の形式で買い手を探しますが、一定期間経過しても売買が成立しなかった場合は自らが物件を買い取るというものです。
一方、後者では売却の申し出があった時点でただちに不動産会社が物件を購入します。
不動産買取によって購入された物件は不動産会社が自らの利益を上乗せして転売されるため、一般に仲介よりも買値は低くなります。
そのため、最初は仲介による売却を試みる買取保証には、物件が高値で売れるチャンスがあります。
これに対して即時買取では、価格は低くなりがちですがスピーディーな現金化が可能です。

買取保証は不動産買取と仲介をミックスさせた売却方法

手持ちの不動産を売却する場合、知り合いなどに直接買い取ってもらうのでない限りは不動産会社に売却を依頼するのが一般的です。
その際、具体的な売却方法は会社が自ら買い手となる不動産買取と、買い手探しを代行してもらう仲介という2つのうちのいずれかとなりますが、近年はこの両者をミックスさせた買取保証というシステムも普及が進んでいます。
買取保証は、不動産買取と仲介の「いいとこ取り」とでも言うべき売却方法です。
物件所有者から依頼があった場合、不動産会社はまず仲介の手法によって営業活動を行い、買い手を探します。
そして買い手が現れた時は、売買契約をまとめるためのサポートを行います。
しかし一定期間が経過しても買い手が見つからなかったときは、不動産会社が自ら物件を買い取ります。
通常、不動産は仲介によって売却する方が不動産買取よりも価格が高くなる傾向にあります。
したがって、この方法を採用すれば売り手にとっては物件が高く売れるチャンスがあり、なおかつ買い手不在のため売買不成立となるリスクを避けることができるという、二重のメリットが生まれることになります。

著者:畠山葵

筆者プロフィール
不動産買取の仕事をしていた経験をもとに、不動産買取業者に関する記事を書いています。

千葉の不動産買取はこちら